札幌・北海道でICLができるオススメ眼科9院!料金や特徴を比較【2022年版】

札幌・北海道でICLを受けたい方は多いですよね?

ICL手術は大切な目にレンズを入れる治療なので、実績があって評判の良いクリニックを選びたいところです。

北海道には札幌市を中心にたくさんのICL手術が受けられるクリニックがあります。

今回は気になる料金を含めて、札幌のおすすめクリニックを紹介します。

最初に札幌のICL費用比較を見る

札幌・北海度のICLクリニック選びの3つのポイント

ICLクリニックの選び方

まず最初にICLクリニックの選ぶ3つのポイントを紹介します。

  1. 実績が豊富であること
  2. なるべく費用が安いこと
  3. 保証・アフターケアの手厚さ

ICLクリニックは闇雲に選ぶと後々後悔することになりかねません。主に3つの重要ポイントがあるのでしっかり調べてから選びましょう。

実績が豊富である

ICLは基本的には同じスターサージカル社のホールICLレンズを虹彩と水晶体の間に固定する手術であり、レンズ自体の違いはありません。重要なのはレンズのサイズ選びであり、これには経験も必要です。サイズが小さいと目の中で回転することがあります。

サイズはさまざまな検査から予測して選ぶため、実績の多いクリニックほどデータも多くサイズ選びの精度が高まります。また度数選びでも最適なものを選んでもらえます。

費用が相場より安い

ICLはレーシックと違い、どの病院でも同じレンズで同じ手術を認定医が行うため、差が少なくなります。そのため費用の安いクリニックを選ぶことをおすすめします。

ICLは自由診療であり、価格はクリニックが自由に決められます。

保証・アフターケアの手厚さ

万が一に備えて、保証・アフターケアが充実しているクリニックが安心。口コミを見ていてもレンズのサイズが合わず再手術を行う方なども一定数みえます。

気になることがあれば気軽に検診に来院できるよう、1年以上の長期保証があるクリニックがおすすめです。

札幌のICL長期保証のクリニック
品川近視クリニック札幌院(3年保証)
いずみ眼科(3年保証)
上記の最重要3ポイントに加えて、何度も来院することを考えると「土日祝日も診療」しているクリニックを選ぶと便利です。
 

※ICLは入院の必要はありませんが、手術翌日は検診を受けることになります。そうなると2日間は予定を空ける必要があるため、手術は休日に受けられる眼科がベストです。

 

札幌のICL費用比較

料金

最初に札幌・北海道内のクリニックのICL料金を比較しました。すべてホールICLレンズで両眼、税込みでの価格です。

クリニック名 乱視なし ICL料金 乱視あり ICL料金
品川近視クリニック札幌院 460,000円(-5D未満)
537,000円 (-5D以上)
560,000円(-5D未満)
637,000円 (-5D以上)
大橋眼科 714,000円 816,000円
札幌かとう眼科 660,000円 660,000円
いずみ眼科 660,000円 660,000円
札幌せきや眼科 700,000円 800,000円
江別こばやし眼科 660,000円 770,000円
川口眼科クリニック 660,000円 770,000円
高柳眼科クリニック 880,000円 990,000円
スワンアイクリニック 600,000円 公式サイト記載なし
たかみや眼科 公式サイト記載なし 公式サイト記載なし
※すべて税込み価格に統一して表示。
※料金は変更になる場合があるので、来院前に必ずご自身で確認してください。
札幌では料金面でいえば業界大手の品川近視クリニックが一番安くなっています。もちろん自分が信頼できるクリニックを選ぶことが大切なので、複数のクリニックで適応検査を受けてみて自分に最適なところを選びましょう。

札幌・北海道のICLの平均費用・相場は?(2022年版)

ここで札幌・北海道のクリニックで受けられるICLの平均費用を算出してみます。
上記の費用を公開している8眼科から計算すると次のようになります。

ICL両眼の平均費用
ICL乱視なし:654,555円(税込)
ICL乱視あり:732,875円(税込)

この値段を基準にして考えれば、料金面で後悔することは少ないでしょう。

北海道での料金面での特徴は、品川近視クリニック札幌院のICL料金が際立って安いことです。

品川近視がどのくらい相場から安いかを具体的な数値で見てみましょう。

平均費用と品川近視クリニックとの価格差

ICL両眼 平均費用 品川近視の料金 差額
乱視なし(-5D未満) 654,555円 460,000円 194,555円お得
乱視なし(-5D以上) 654,555円 537,000円 117,555円お得
乱視あり(-5D未満) 732,875円 560,000円 172,875円お得
乱視あり(-5D以上) 732,875円 637,000円 95,875円お得
(※すべて税込み価格に統一して表示。)

このように実際の数字として品川近視クリニック札幌院の安さが目立ちます。

特に両眼乱視なしの-5D未満なら相場より20万円近くも安い価格でICLが受けられます。

もちろん料金だけで決めることはお勧めできませんが、ICLは国内96%以上が米国スターサージカル社の同じホールICLレンズを使用しています。

ですのでレンズによる違いはほとんどなく、費用の違いは、集客力や施設の快適性、保障内容によってくるのです。

これらの要素は手術内容と関係ないため、患者からすれば費用は安い方が良いと言えるでしょう。

適応検査が無料のクリニックは?

北海道内でICLの適応検査が無料で受けられるのは下記のクリニックになります。

適応検査が無料

大切な目の施術なので、実際にクリニックの雰囲気を知り、医師やスタッフの対応を見てから決めましょう。

適応検査を受けたからと言って必ずそのクリニックで施術を受けなければいけないわけではありません。自分に合わないと思ったら断って帰れば問題ありません。
 

札幌・北海道でICLが受けられるお勧めクリニック

品川近視クリニック札幌院

品川近視クリニック札幌院

視力回復治療の分野で最大手の品川近視クリニック。症例数も群を抜いて多く、札幌に品川近視クリニックがあるのは嬉しいかぎりです。

レーシックでも最新機器とできる限りの低価格にこだわってきましたが、ICLでも最新治療が最安水準の費用で受けられます。

自由診療のICLが50万円以下で受けられることは以前では考えづらいことでした(近視度数-5D未満の場合)。

さらにICLの保証期間は半年~1年のクリニックが多い中で、品川近視クリニック札幌院では3年保証が付いています。

もちろん料金だけでクリニックを選ぶことはおすすめしません。無料の適応検査を2院くらい受けてみて、医師の話を聞いた上で後悔しないように決めましょう。
スタージャパン社の表彰
(出典:品川近視クリニック公式HP)

品川近視クリニックはスター・ジャパン社によって、2019~2021年と3年連続で国内ICL最多症例数を表彰されました。

品川近視クリニック札幌のICL料金

近視度数 料金(税込)
ICL 乱視なし(-5D未満) 460,000円
ICL 乱視なし(-5D以上) 537,000円
ICL 乱視あり(-5D未満) 560,000円
ICL 乱視あり(-5D以上) 637,000円
適応検査 無料

品川近視クリニック札幌院の医師

院長の経歴

【院長】山本 享宏


1989年 筑波大学附属病院 眼科
1995年 つくばセントラル病院 眼科部長
2001年 南青山クリニック
2008年 品川近視クリニック
2021年 品川近視クリニック 札幌院院長

品川近視クリニック札幌院の住所等

【住所】北海道札幌市中央区北三条西2-1 NC北専北三条ビル3F
【アクセス】JR札幌駅南口から徒歩5分
【受付時間】10:00~20:00
【休診日】年中無休
※ICLは来院後すぐには受けられません
最初に無料の適応検査が必須です。

 

大橋眼科

大橋眼科

大橋眼科は札幌市の地元密着の眼科。多焦点眼内レンズ厚生労働省先進医療認定施設でもあります。

白内障や緑内障の治療をはじめとして、多数の眼科手術を行ってきており病院の実績は十分。ICL認定医の大橋院長と市川一夫先生が手術を行ってくれます。

年齢は21歳から45歳位までの方にICLを提供。オルソケラトロジーや角膜クロスリンキング手術も受けられます。

大橋眼科のICL費用

施術メニュー 料金
ICL 乱視なし 714,000円
ICL 乱視あり 816,000円

大橋眼科の医師・略歴

院長の経歴

【院長】大橋 勉


北海道大学医学部非常勤講師、日本神経眼科学会評議員
北海道大学医学部昭和57年卒 医学博士
昭和62年~平成2年 米国 Smith-Kettlewell眼科研究所
平成30年 ICL認定医
平成30年 神経眼科 上級相談医 認定

大橋眼科の住所・アクセス

【住所】北海道札幌市白石区本通6丁目北1-1
【アクセス】地下鉄 東西線南郷7丁目駅より徒歩15分
【アクセス】JR白石駅より徒歩15分
【診療時間】9:00~12:00、14:30~18:00
【休診日】日曜、土曜午後、木曜午後

公式サイトはこちら
 

札幌かとう眼科

札幌かとう眼科

日帰り白内障手術で実績のある札幌かとう眼科。加藤院長の患者目線に立った診療には定評があります。

ICL(有水晶体眼内レンズ)やオルソケラトロジー、多焦点眼内レンズ、乱視矯正眼内レンズ、コンタクトレンズ検診など幅広い治療に対応しています。

公式サイトではICLのメリットだけでなく、合併症などのリスクもしっかり掲載している点も信頼できます。

希望の方に無料送迎をしてくれるので、ICL手術を受けた後に家まで送迎してもらうことも可能です。

札幌かとう眼科のICL費用

施術メニュー 料金(税込)
ICL 乱視なし 660,000円
ICL 乱視あり 660,000円

※上記費用には術後3か月間の検診代も含みます。

札幌かとう眼科の医師・略歴

院長の経歴

【院長】加藤 祐司


旭川医科大学卒業。釧路赤十字病院眼科 副部長、旭川医科大学病院眼科 講師・医局長を経て、2011年札幌かとう眼科を開院。2015年医療法人社団 彩光会 理事長に就任。

札幌かとう眼科の住所・アクセス

【住所】北海道札幌市東区北31 条東16-1-22
【アクセス】地下鉄東豊線 新道東駅の5番出口より徒歩5分
【診療時間】平日9:00-12:00、14:30-18:00、土曜9:00-12:00
【休診日】日曜、祝日、土曜午後

公式サイトはこちら
 

いずみ眼科

いずみ眼科

いずみ眼科は旭川市にある「日帰り白内障手術」や「涙目の治療」を得意とする地域密着の眼科です。

ICLが受けられる眼科は旭川市ではありがたい存在だといえます。

視能訓練士が3名在籍しており適切な適応検査を受けられます。適応検査は有料ですが、無理に手術を勧めることはないので安心して受けられます。

学生と自衛官、警察官、消防士は通常料金から割引制度が適用されます。

いずみ眼科のICL料金

近視度数 料金(税込)
ICL 乱視なし 660,000円
ICL 乱視あり 660,000円
適応検査 3,000円

いずみ眼科の医師・略歴

院長の経歴

【院長】泉 直宏


平成13年 旭川医科大学卒、旭川医大病院
平成14年 市立稚内病院眼科医員、旭川赤十字病院眼科医員
平成20年 市立根室病院眼科
平成22年 北見赤十字病院眼科 副部長
平成23年 函館五稜郭病院眼科 医長
平成27年 いずみ眼科開設

いずみ眼科の住所・アクセス

【住所】北海道旭川市末広1条1丁目
【アクセス】自家用車での来院が便利
【診療時間】平日9:00~12:00、14:00~18:00、土曜9:00~12:00
【休診日】日曜、祝日、土曜午後

公式サイトはこちら
 

札幌せきや眼科

いずみ眼科

発寒南駅から徒歩5分にある札幌せきや眼科は、2021年3月に開院した新しい眼科です。

院長の関谷先生は、大手の品川近視クリニックで長年にわたり屈折矯正手術を行ってきた実績のある眼科専門医です。

ICL施術の経験も豊富で安心して治療が受けられるでしょう。

札幌せきや眼科のICL料金

近視度数 料金(税込)
ICL 乱視なし 700,000円
ICL 乱視あり 800,000円
適応検査 公式サイト記載なし

札幌せきや眼科の医師・略歴

院長の経歴

【院長】関谷 恵悟


弘前大学医学部卒
弘前大学・大学付属病院:4年勤務
青森市民病院:副部長として4年勤務
品川近視クリニック:院長として10年勤務

札幌せきや眼科の住所・アクセス

【住所】北海道札幌市西区西町北8丁目1-8
【アクセス】地下鉄東西線 発寒南駅から徒歩5分
【診療時間】9:00~12:00、13:30~17:00
【休診日】木曜日

公式サイトはこちら
 

江別こばやし眼科

江別こばやし眼科

江別市で患者の眼の健康をサポートする江別こばやし眼科。札幌医大眼科の地域連携強化医院にも指定されています。

近視治療に力をいれており、ICLのほか、オルソケラトロジーも提供。

眼内コンタクトレンズ認定施設でもあり、ICLは認定医である院長が執刀を行ってくれます。

江別こばやし眼科のICL料金

施術メニュー 料金(税込)
ICL 乱視なし 660,000円
ICL 乱視あり 770,000円
初期検査 5,500円

江別こばやし眼科の医師・略歴

院長の経歴

【院長】小林 和夫


平成14年 札幌医大医学部卒業 札幌医大眼科入局
平成15年 江別市立病院
平成16年 札幌医大附属病院
平成17年 浦河赤十字病院 眼科 医長
平成19年 札幌医大附属病院 助教
平成21年 江別市立病院 眼科 主任部長
平成27年 江別市元町で開業

江別こばやし眼科の住所

【住所】北海道江別市元町27-3
【アクセス】中央バス「2番通4丁目」下車すぐ
【アクセス】自動車で2番通沿い(駐車場あり)
【診療時間】平日9:30~12:30、14:00~18:00、土曜9:00~11:30、13:00~15:00
【休診日】日曜、祝日、火曜午後、水曜午後

公式サイトはこちら
 

たかみや眼科

たかみや眼科

たかみや眼科は旭川市にある厚生労働省の先進医療認定施設です。

患者と十分に話した上で最適な治療を提供することをモットーに、有水晶体眼内レンズ(ICL)や多焦点眼内レンズを使った白内障手術を行っています。

駐車場が21台完備しているので車での来院も便利です。

たかみや眼科のICL料金

施術メニュー 料金(税込)
ICL 乱視なし 公式サイトに記載なし
ICL 乱視あり 公式サイトに記載なし

たかみや眼科の医師・略歴

院長の経歴

【院長】高宮 央


平成14年4月 余市協会病院 眼科医長
平成16年4月 旭川森山病院 眼科医長
平成23年6月 旭川医大眼科 医局長
平成26年4月 旭川医科大学病院眼科 外来医長
平成27年11月 たかみや眼科開院

たかみや眼科の住所・アクセス

【住所】北海道旭川市神楽5条14丁目1-6
【アクセス】JR神楽岡駅を下車してすぐ
【診療時間】月火木9:00~12:00、14:00~18:00、水金土は午前のみ
【休診日】日曜、祝日、水・金・土曜の午後

公式サイトはこちら
 

川口眼科クリニック

川口眼科クリニック

川口眼科クリニックは江別市でICLが受けられる総合眼科です。

待ち時間表示や診療順番表示など待ち時間のイライラ解消のために努力をしており好感が持てます。

屈折治療としてICL(有水晶体眼内レンズ)の他にオルソケラトロジーや3焦点眼内レンズを使った手術などを行っています。

川口眼科クリニックのICL費用

施術メニュー 料金(税込)
ICL 乱視なし 660,000円
ICL 乱視あり 770,000円
適応検査代 5,500円

川口眼科クリニックの場所

【住所】北海道江別市野幌東町54-11
【アクセス】JR函館本線 野幌駅から徒歩4分
【診療時間】平日9:30~12:30、14:00~18:00、土曜9:00~11:30、13:00~15:00
【休診日】日曜、祝日、火曜午後、水曜午後
【院長】川口 聡

公式サイトはこちら
 

スワンアイクリニック

スワンアイクリニック

札幌大通にある総合眼科のスワンアイクリニック。祝日は休診ですが、土日は診療しているので手術を受けやすいです。

公式サイトではICLを受けるまでの過程が詳しく記載してあるので、一度目を通しておくと参考になります。

一般眼科治療の他にICL治療やオルソケラトロジーによる屈折矯正治療にも力を入れており、裸眼視力を向上に向けて注力しています。

札幌かとう眼科とも提携しています。

スワンアイクリニックのICL費用

近視度数 料金(税込)
ICL 乱視なし 600,000円
ICL 乱視あり 要確認

※上記費用には、術前の検査代金や術後6か月間の定期検診代なども含みます。

スワンアイクリニックの場所

【住所】札幌市中央区大通西3丁目11番地 北洋ビル1F
【アクセス】大通駅の15番出口から直結
【診療時間】平日10:00~13:00、15:00~19:00、土日祝10:00~13:00、14:30~18:00
【休診日】水曜日、祝日
【院長】木村 祐介

公式サイトはこちら
 

高柳眼科クリニック

高柳眼科クリニック

札幌にある高柳眼科クリニック。院内は広く清潔感がり最新機器がそろっています。

手術直後から視力回復が実感できるICLは高柳眼科クリニックでも人気。

札幌市の他院に比べて費用は高いですが、独自の革新的技術があり合併症のリスクをなくせます。札幌院は予約制。

高柳眼科クリニックのICL費用

近視度数 料金(税込)
ICL 乱視なし 880,000円
ICL 乱視あり 990,000円

高柳眼科クリニック札幌院の場所

札幌院
【住所】札幌市北区北7条西2丁目8-1 札幌北ビル3F
【アクセス】JR札幌駅「東コンコース北口」よりすぐ
【アクセス】地下鉄南北線「さっぽろ駅」より徒歩4分
【診療時間】9:00-12:00、14:00-17:00
【休診日】水曜午後、木曜、第2・第4土曜、日祝日
【院長】高柳 芳記

公式サイトはこちら
 

遠軽やまぐち眼科クリニック

遠軽やまぐち眼科クリニック

遠軽やまぐち眼科クリニックは紋別郡遠軽町でICLが受けられる貴重な眼科。札幌など都市部にいけない方に便利。

さまざまな治療に対応しており、ICL手術は札幌厚生病院などの大学病院で実績を積んだ山口院長が執刀します。

手術は火曜と水曜の午後に行っています。

遠軽やまぐち眼科のICL費用

施術メニュー 費用(税込)
ICL 乱視なし 660,000円
ICL 乱視あり 770,000円
適応検査 3,300円
※術後1年目までの定期健診代を含む。

遠軽やまぐち眼科クリニックの医師・略歴

院長の経歴

【院長】山口 亨


旭川医科大学眼科医局、釧路赤十字病院、札幌厚生病院、市立稚内病院、名寄市立総合病院、釧路赤十字病院、市立根室病院、日鋼記念病院、市立稚内病院、遠軽厚生病院、遠軽やまぐち眼科クリニック。

遠軽やまぐち眼科の住所・アクセス

【住所】北海道紋別郡遠軽町大通南2丁目2-16
【アクセス】JR遠軽駅から徒歩6分
【診療時間】9:00~12:00、14:30~17:30(火水の午後は手術のみ)
【休診日】木曜午後、土曜午後、日曜、祝日

公式サイトはこちら

あわせて読みたい
札幌・北海道のレーシックおすすめ5選!安い料金で評判も高い眼科は? 品川近視クリニック口コミは悪いの?※経験者が語る注意点・費用・おすすめ  

ICLを受ける前に知っておくべき基礎知識

ホールICLレンズ

そもそもICLとは何か

ICLとは、眼の中にレンズを挿入することで近視や遠視、乱視を矯正する治療で使われるレンズの1種です。

この眼の中にレンズを挿入する治療で使われるレンズの総称はフェイキックIOLです。ICLはそのフェイキックIOLの1種である「後房型フェイキックIOL」のことを指します。

もともとは米国スターサージカル社のレンズの商品名がICLだったのですが、今ではフェイキックIOLよりも名前が広まっています。
 

ICL治療では、眼の角膜の後ろにある虹彩と、さらにその後ろにある水晶体の間である「後房」と呼ばれる部分にレンズを挿入することになります。

手術では、レンズを挿入するために角膜を3mm程度切開することになりますが、手術時間は片目で10分程度と比較的短時間で済ませることが可能です。

手術直後でも視力が70%程度も回復し、翌日には90%~100%程度への回復が期待できます

レンズ中央に穴が空いたホールICLレンズのおかげで、白内障の合併症が減って安全性が格段に向上しました。

ICL治療のデメリット

目を押さえる女性

ICL治療のデメリットは主に以下の2つです。

①眼の中にレンズを入れる不安感

患者の側からすると、眼を手術するということ自体に不安感があるでしょう。

手術の際は麻酔が打たれるため痛みはないのですが、眼を大きく開かれたりまぶしかったりと不快感を覚える場合があります。

②手術費用が高い

ICL治療は保険が適用されない自由診療ということもあり、費用が高額になりがちです。レンズ自体の値段が高いためどうしても料金が高額になってしまうのです。

相場は60~70万円程度だと言われており、レーシック手術の相場(15万円~40万円程度)よりも割高になります。

ICL治療のメリット

説明する医師

ICL治療のメリットは、主に以下の4つです。

①生体適合性が優れている

ICLはコラマーと呼ばれる生体適合性が優れている素材でできており、長期間による使用が可能です。レンズの透明な状態を長く維持することができ、眼内永久コンタクトレンズとも呼ばれます。

②レーシック不適合でも手術可能

そしてレーシック手術は、角膜が薄い場合や強度の近視の場合は向いていないとされていますが、ICL治療ならレーシック手術が不適合だった場合でも視力の矯正が可能です。

③元の状態に戻せる

さらにICL治療は、手術をした後でも元に戻すこともできるため、何か不具合が起こった場合でも安心です。

④ドライアイにならない

ICL治療は、レーシックのように角膜に手を加える手術ではないので、そのことが原因で起こるとされるドライアイにならないこともメリットです。

ICL手術は白内障手術の経験の多い医師なら、それほど難しい手術ではなく安心して受けられます。

札幌・北海道のICLクリニックまとめ

看護師今回は札幌・北海道でICLが受けられるクリニックについて紹介しました。

それぞれのクリニックごとに強みやこだわりがありますが、一番気になるのはやはり料金についてではないでしょうか?

札幌では「低料金」だけでなく「実績」を兼ね備えた品川近視クリニック札幌院がおすすめ。最初に候補に挙げられるクリニックになります。

もちろん医師との相性などもあるので、まずは適応検査を受けてみて医師から話をきいてみることをおすすめします。

ICLを受ければ、手術当日にも裸眼の感動を味わえることでしょう。

品川近視クリニックの公式サイトはこちら

 
error: Content is protected !!