横浜のICLおすすめ6選!最安のICL費用やクリニックの特徴は?

横浜でICL(眼内永久コンタクトレンズ)を受けたいけど、どのクリニックを選んだらいいんだろう?

そんな方も多いと思います。今回は横浜市内のクリニックの他、おすすめの東京都内のクリニックも併せて比較紹介します。

ICL眼科は費用と実績の両面から選ぶことが大切です。

この記事を読めば安くて実績のあるICLクリニックがわかります。是非参考にしてください。

横浜のICL費用比較

料金

横浜と通いやすい東京の大手クリニックのICL料金をまとめました。すべてホールICLレンズ使用で両眼の価格です。

クリニック名 乱視なしICL料金 乱視ありICL料金
みなとみらいアイクリニック 820,000円 880,000円
いいの眼科 660,000円 770,000円
塚原眼科医院 660,000円 770,000円
スカイビル眼科 600,000円 700,000円
金沢文庫アイクリニック 649,000円 715,000円
深作眼科 横浜院 不明 不明
北里大学眼科 不明 不明
品川近視クリニック東京院 460,000円 (-5D未満)
537,000円 (-5D以上)
560,000円 (-5D未満)
637,000円 (-5D以上)
サピアタワークリニック 680,000円 780,000円
※すべて税込み価格に統一して表示。
※料金は変更になる場合があるので、来院前に必ずご自身で確認してください。
 

横浜のICLの平均費用・相場は?

ここで横浜市のICLの平均費用を算出してみます。費用を公開している横浜のクリニックICL平均費用は下記のとおり。

ICL両眼の平均費用
ICL乱視なし:677,800円(税込)
ICL乱視あり:767,000円(税込)

横浜では当サイトが算出した東京の平均に比べるとやや高めな価格となっています。

低価格を重視するなら、横浜駅から電車で約30分で行ける品川近視クリニック東京院がおすすめ。

 

横浜のICLおすすめクリニック

みなとみらいアイクリニック

みなとみらいアイクリニック

みなとみらいアイクリニックは横浜市で自由診療の屈折矯正手術を行う専門クリニック。一般の保険診療は行っていません。

完全オーダーメイドのアイレーシックやフェイキックIOL(ICLはフェイキックICLの後房型レンズのこと)、老眼治療、白内障手術などが受けられます。

レーシックで有名な坪田一男先生が手術顧問なのも特徴です。

適応検査と定期検査の予約は、希望日が平日の場合、3ヶ月前の月初日から可能。土曜日の場合は2ヶ月前の月初日から予約可能です。

みなとみらいアイクリニックのICL費用

施術メニュー 料金(税込)
ICL 乱視なし 820,000円
ICL 乱視あり 880,000円
適応検査 無料
術後の定期検査 1,200~3,000円 (薬代別)

みなとみらいアイクリニックの医師

院長の経歴

【院長】坂谷 慶子


<経歴>
1996年 鳥取大学医学部付属病院、鳥取赤十字病院など
2002年 Wilmer Eye InstituteにてLASIKの臨床研究に従事
2004年 鳥取大学眼科助手
2006年 南青山アイクリニック東京 常勤医
2009年 みなとみらいアイクリニック院長
2010年 医療法人社団ライト 理事

みなとみらいアイクリニックの住所・アクセス

【住所】神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-5 クイーンズタワーC8F
【アクセス】みなとみらい線 みなとみらい駅から徒歩1分
【アクセス】JR根岸線 桜木町駅から徒歩10分
【休診日】火曜・日曜・ 祝日・年末年始
【理事長】荒井 宏幸

みなとみらいアイクリニック公式サイト
 

いいの眼科

いいの眼科

いいの眼科は港北区の綱島西にある比較的新しい地域密着型の眼科です。

ファミリークリニックとして子供からお年寄りまで丁寧で高度な治療を行っており、近視に悩む方にICLやレーシック、オルソケラトロジーを提供しています。

診療は予約優先になるので、来院前に必ず予約を入れておきましょう。

いいの眼科のICL費用

施術メニュー 料金(税込)
ICL 乱視なし 660,000円
ICL 乱視あり 770,000円
適応検査 5,000円
術後の定期検査 6ヶ月目まで手術代に含む (目薬追加処方は別)

いいの眼科の医師

院長の経歴

【院長】飯野 弘之


日本眼科学会会員
日本白内障屈折矯正手術学会会員
日本眼科手術学会会員

いいの眼科の住所・アクセス

【住所】神奈川県横浜市港北区綱島西4丁目8-18 川野ビル2階
【アクセス】東急東横線 綱島駅から徒歩13分
【アクセス】東急バス 吉田橋バス停から徒歩1分
【休診日】月曜・日曜・祝日・土曜午後

いいの眼科公式サイト
 

塚原眼科医院

塚原眼科医院

二俣川駅から徒歩1分のFSビルにある塚原眼科医院。二俣川で60年余りにわたって診療を続けており、地域の信頼が厚い。

院長は横浜市の多くの小中学校の学校医も勤めています。

塚原眼科医院のICL費用

施術メニュー 料金(税込)
ICL 乱視なし 660,000円
ICL 乱視あり 770,000円
適応検査 公式サイト記載なし

塚原眼科医院の住所・アクセス

【住所】神奈川県横浜市旭区二俣川1-5-38 FSビル2F
【アクセス】二俣川駅の北口から徒歩1分
【休診日】日祝日、木曜 、土曜午後
【理事長】塚原 正彦

塚原眼科医院公式サイト
 

スカイビル眼科

スカイビル眼科

横浜駅東口から徒歩5分で年中無休で診療を行っているスカイビル眼科。

スカイビル眼科は神奈川県下でもICL手術数が多く、ICLインストラクター資格を持つ秦院長とICLエキスパートインストラクター資格を持つ五十嵐医師が執刀を行います。

痛みに弱い方のために低濃度笑気ガス麻酔も用意しています。

スカイビル眼科のICL費用

施術メニュー 費用(税込)
ICL 乱視なし 600,000円
ICL 乱視あり 700,000円
適応検査 5,500円
術前検査 5,500円

スカイビル眼科の医師と経歴

院長の経歴

【院長】秦 誠一郎[


平成2年5月:慶應義塾大学医学部眼科学教室入局
平成7年8月:眼科専門医取得
平成8年7月:足利赤十字病院眼科医長
平成9年10月:大和市立病院眼科医長
平成14年9月:スカイビル眼科医院

スカイビル眼科の住所・アクセス

【住所】神奈川県横浜市西区高島2-19-12 スカイビル9F
【アクセス】横浜駅東口から徒歩5分
【診療時間】10:00~18:30
【休診日】年中無休
【理事長】秦 誠一郎

スカイビル眼科公式サイト
 

金沢文庫アイクリニック

金沢文庫アイクリニック

金沢文庫アイクリニックは横浜市でICLや多焦点眼内レンズ・その他眼科手術を行うクリニック。

眼科手術に力を入れており、大学病院レベルの高度な眼科診療を地域の方に提供することを目指しています。

金沢文庫アイクリニックのICL料金

施術メニュー 両眼費用(税込)
ICL 乱視なし 649,000円
ICL 乱視あり 715,000円
適応検査代 5,500円
※手術後1か月の定期検診費用を含む。

金沢文庫アイクリニックの医師と経歴

院長の経歴

【院長】樋口 亮太郎


横浜南共済病院眼科、横浜赤十字病院眼科、横浜市立大学医学部眼科助手、米国ハーバード大学医学部、Research fellowship certificate, Harvard Medical School、横浜南共済病院眼科部長

金沢文庫アイクリニックの住所・アクセス

【住所】神奈川県横浜市金沢区釜利谷東2-16-32 トライアンジュ文庫2F
【アクセス】金沢文庫駅から徒歩1分
【診療時間】9:30~12:30、14:30~17:30
【休診日】水曜午後、土曜午後、日曜、祝日
【駐車場】なし

公式サイトはこちら
 

深作眼科 横浜院

深作眼科 横浜院

深作眼科の横浜院は眼科専門施設であり患者をトータルでサポート。院内は明るい空間でレストランも併設。

知名度の高い深作院長の執刀を受けることも可能です。

深作眼科(横浜院)のICL費用

施術メニュー 費用(税込)
ICL 乱視なし 公式サイト記載なし
ICL 乱視あり 公式サイト記載なし
適応検査 公式サイト記載なし

深作眼科(横浜院)の住所・アクセス

【住所】神奈川県横浜市西区楠町5-1
【アクセス】JR横浜駅西口より徒歩10分
【休診日】日、祝日、土、夏季、年末年始
【理事長】深作 秀春

深作眼科(横浜院)の公式サイト
 

北里大学眼科

北里大学眼科

90年代からレーシックやPRKに取り組んできた北里大学眼科。術後15年以上たった患者も長期的にフォローしており安心感あり。

現在行っている屈折矯正手術は、穴あきICLとReLExリレックスになります。

眼科の専門外来を希望される方は北里大学病院での診療となります。

北里大学眼科では初診時に、紹介状(診療情報提供書)が必要となります。紹介状のない方は近医への受診を案内されますので注意してください。

北里大学眼科のICL費用

施術メニュー 料金(税込)
ICL 乱視なし 公式サイト記載なし
ICL 乱視あり 公式サイト記載なし
適応検査 公式サイト記載なし
【住所】神奈川県相模原市南区北里1-15-1
【アクセス】小田急線 相模大野駅北口からバスで約25分
【初診受付時間】8:20~11:00
【診療日】毎週火曜のみ受診
【科長】庄司 信行

北里大学眼科の公式サイト
 
 

横浜から通える!東京のおすすめ大手クリニック

埼京線の電車

横浜周辺にお住いなら、東京の有名ICLクリニックに行くこともおすすめです。

JR横浜駅から26分くらいで東京駅に行けますし、そこからの交通の便も良いので、より安くて信頼できるクリニックを希望されるなら東京のICLクリニックもおすすめします。

 

品川近視クリニック東京院

品川近視クリニック東京院

業界大手の品川近視クリニックは、JR横浜駅から東京駅経由で有楽町駅に行き、そこから徒歩1分の好立地にあります。合計30分程度で行けるので便利です。

品川近視クリニックはICLでも国内最安水準の料金であり、横浜のクリニックに比べても相当安い料金で受けられるので試しに無料検査だけでも受けてみる価値はあります。

年中無休で仕事が休みの日に治療が受けやすいというメリットもあります。

品川近視クリニックはスタージャパン社から2020年におけるICL国内最多症例数の受賞を受けており、実績も申し分ありません。
スタージャパン社に表彰される
(出典:品川近視クリニック公式HP)

品川近視クリニックはスター・ジャパン社によって、2020年の国内ICL最多症例数を表彰されました。

品川近視クリニックのICL料金

近視度数 料金(税込)
ICL 乱視なし(-5D未満) 460,000円
ICL 乱視なし(-5D以上) 537,000円
ICL 乱視あり(-5D未満) 560,000円
ICL 乱視あり(-5D以上) 637,000円

品川近視クリニックの住所・アクセス

【住所】東京都千代田区有楽町2-7-1 有楽町イトシアオフィスタワー13F
【アクセス】JR有楽町駅の銀座口・中央口から徒歩1分
【アクセス】東京メトロ 銀座駅より連絡通路あり。
【休診日】年中無休
【院長】湯川 聡
※ICLは来院後すぐには受けられません
最初に無料の適応検査が必須です。

 

サピアタワーアイクリニック東京

サピアタワーアイクリニック東京

東京駅から徒歩で行けるサピアタワーアイクリニックもおすすめです。北澤先生は元AKB48の指原莉乃さんがICLを受けた神戸神奈川アイクリニック(現在は閉院)の院長だったことでも有名です。

費用は高くなりますが施設も最新ですし、有名な名医に執刀してもらいたい方、保障が手厚いクリニックを希望する方、経済的に余裕がある方におすすめのクリニックです。

サピアタワーアイクリニックでICLを受けた有名人は下記の記事でも詳しく紹介しています。

ICL手術を受けた芸能人・有名人は誰?病院や感想も調べてみた

サピアタワーアイクリニック東京のICL費用

施術名 料金(税込)
ICL 乱視なし 680,000円
ICL 乱視あり 780,000円

サピアタワーアイクリニックの住所

【住所】東京都千代田区丸の内一丁目7番12号 サピアタワー7階
【アクセス】新幹線 日本橋改札口から徒歩1分
【アクセス】東京メトロ東西線 大手町駅から徒歩1分
【アクセス】JR東京駅 八重洲北口から徒歩3分
※ICLは来院後すぐには受けられません
最初に適応検査が必須です。

 

知っておきたいICL治療の基礎知識

ICL手術の流れ

手術服の医師

実際の手術の所要時間はわずか10分程度です。入院の必要はありません。

  1. 目薬で麻酔します。
  2. レンズを入れるだけの最小限の切開(約3㎜)をします。
  3. 切開した場所からICLの挿入をします。
  4. 最後に縫合はしません。切開した角膜は自然に治癒します。

ここで使用するレンズは少々値段は高いのですが、安全性と術後の見え方にこだわった米国スターサージカル社のICLを採用(2010年厚労省承認)。

乱視用にはトーリックICL(2011年厚労省承認)が使われます。

また、眼内の代謝異常で白内障を生じやすくしていた旧ICLレンズに代わり、新しいホールICLレンズを採用(2014年厚労省承認)することで、白内障によるレンズ交換の必要もなくなってきていると言われています。

日々の手入れが不要になる

視界の良い景色

ICLは目に直接レンズを埋め込む方式であるため、コンタクトレンズの場合のように消毒などのメンテナンスを行う必要がありません。

ICL手術後は各種の目薬や飲み薬を服用したり、目の保護のためのメガネや寝る前の眼帯を装着することになりますが、傷口がふさがればノーメンテで自然に過ごせます

術後は定期的な検診を受け続ける必要があり、それがある意味ではレンズのメンテナンスと言えなくもありません。

しかし、それはメガネの事あるごとの脱着やコンタクトレンズのメンテナンス、装着による違和感や痛みなどを思えば楽なものです。

日々の煩わしさから開放され、フリーな視界でメンテナンス無く過ごせるICLは「ああ、楽になったなぁ」と実感できるものとなるでしょう。

レーシックとICLの違い

ICLレンズ

レーシックの特徴

角膜を削る手術

レーシックは角膜を削る手術です。角膜は一度削ると復元することができません。

ハロー・グレア

手術後にハロー・グレア現象という合併症が起こって、夜間に光が認識しづらく暗い場所で見えにくくなるリスクがあります。

近視戻り

レーシックは近視の症状が戻ってしまう「近視戻り」の可能性もあります。そして、ドライアイに悩まされる方も少なくありません。

別の手術での難易度が上がる

その他、白内障を発症した場合、レーシック手術を受けた方は白内障の手術の難易度が一気に跳ね上がるリスクがあります。

ICLより費用が安い

レーシックのデメリットが目立つ内容になってしまいましたが、レーシックはICLより費用が安く、半分程度の出費で済みます。

細かい調整が可能

ICLでは難しい視力の細かい調整ができるというメリットもあります。

ICLの特徴

費用が高い

一方のICLは、費用面はレーシックより2倍以上高額になることが最大のデメリット。

ドライアイのリスクが少ない

ですがごく小さい切開のみで眼内にレンズ挿入するため、ドライアイのリスクが少なく、レンズは取り外しも可能です。

見え方の質が高い

レーシックに比べ見え方の質が高い、という特徴があります。ハロー・グレアが出るケースもありますが、一週間ほどで改善する場合がほとんどです。

他の治療への影響が少ない

また、白内障、その他目の症状の治療に対する影響は少なく、万が一何らかの目疾患を患ってもレーシックに比べ安全に治療を受けられます。

年齢制限

ただし適応年齢があり、21~45歳までの方が対象となっている治療法です。

 

横浜のICLクリニック選びまとめ

看護師今回は横浜のICLクリニックについて紹介しました。

まだまだ横浜市にはICLが受けられるクリニックは少ないですが、東京都内に出れば安い費用で受けられるクリニックや、信頼のある名医が執刀しているクリニックも多いので、そちらも検討してみても良いでしょう。

基本的にICLは、ほとんどのクリニックで同じスターサージカル社のICLレンズを入れる治療なので、できるだけ安くて保証期間が長いクリニックを選ぶことをオススメです。

以上、参考にしてください。

東京のおすすめICLクリニック
品川近視クリニック東京院
3年連続でICL日本最多症例数の大手クリニック。
サピアタワーアイクリニック東京
芸能人も多く施術を受ける名医のいる人気クリニック。東京駅から直通。
先進会眼科 東京
総合的に安定した評価のおすすめ眼科。
error: Content is protected !!